鍾馗制作過程

 中島 キ44 二式単座戦闘機「鍾馗」(米コードネーム=Tojo) 鍾馗とは5月の節句に邪気を蹴散らす正義の味方のような存在。一応2型乙の予定ですが、もしかすると実戦配備されなかった2型丙に変更して、方向舵にだんだら模様が付くかも。

ki44_b

ウエザリングもしてないし、ドロップタンクも付いてないしで、まだ完成とは言えないけどとりあえず一段落。気が向いたらまた続きをやろう・・・

ki44_m

計器板作成。左右の箱は機銃の機関部。

ki44_9

とりあえず簡単に塗装。脚作成。連動作動で主輪の左右はずれて作動する。主脚カバーは自由曲面では微妙な曲面が出せないのでポリゴンを使用。蝶型フラップもファウラーを再現。細かいパーツはこれから・・・。

ki44_4

胴体と垂直安定板のつながりは良くできたが、前後ともフィレットがうまく行かない。これからは脚まわりに移行。独特のフラップの動きも再現したいし、コックピットや人間も作りたいし・・・。
  後視点

ki44_3

とりあえず、基本造形まで。わかりやすく色分けして作っている。これから残ったシワ取りと細かい部品を作る予定。

ki44_2

パートラインとマッピングが合わなくなると後で大変なので、気が早いけれど、主翼のバンプマッピング作ってみた。モノクロのラインとドットを配置したBMPファイルを用意して、「くぼみ」を付けてある。

ki44_1

エンジンカウル・機体・主翼・水平尾翼までモデリング。エンジンカウル以後からの機体ラインは、いかにも中島的絞り込みが独特。カウルフラップやエレベーターはCONジョイントプラグインを使って連動可能。エルロンはCONジョイントで左右逆に連動。

ki44f

三面図より正面・側面・上面・断面を精密図面よりスキャンし、dxf型式で出力し、Shadeに読み込んでテンプレートにする。この時点で仕様書を元に完全に実物大にしておく。今回もP-47Dサンダーボルトの時のように、内部よりも外装の質感を重点に作成する予定。

ki44_t
ki44_a
ki44_10
ki44_8
ki44_n
ki44_c


四季彩 Hobby Top ▲
Shade タチコマ 年賀CG 零式艦上戦闘機 航空機写真 着メロ試聴室
鍾馗 二式水戦 Me262 T2ブルーインパルス 携帯サイト その他
美工房 四季彩 Hobby 美工房 四季彩 Hobby