Core Fighter

Paper Planeの部屋

機体格納庫 競技規定

IWWC JP-00-010398
<インターナショナルホワイトウィングスクラブ所属>

 紙飛行機といっても折紙飛行機じゃぁアりません。ペーパープレーン(ペーパーグライダーとも言う)と呼んでください。(^o^)
 30年以上前に、母の実家のいとこに飛行機が好きな人がいて二宮康明氏の「よく飛ぶ紙飛行機集」を貰いました。それから紙飛行機にのめり込みました。
 当時竹ひごに紙を貼ってゴム動力で飛ばすものや、バルサ材を切って作ったグライダーなども作っていましたが、奥の深さでは紙にはかないません!色も付けられるし、何より滞空時間がすばらしかったのを覚えています。よく小学校の校舎(平屋ですよ)の屋根に乗ってしまったのを思い出します。
 我が家の息子たちも作ったり飛ばしたりできる年齢になってきたので、一昨年からまたはじめました。今はPCで設計してプリントアウトすれば簡単に作れるので、オリジナルの機体が増えました。
 個人的好みで、後退翼機がメインです。(単にカッコイイから)基本は垂直上昇タイプで、主翼・尾翼とも取り付け角は0度です。調整のし易さから双垂直尾翼機が多くなっています。興味のある方は好きなタイプをダウンロードして作ってみてください。
 そのうち時間があったら、作り方や飛ばし方もアップしようと思っていますが、<Google>あたりで、「ペーパープレーン」で検索すれば、先輩諸氏のすばらしいHPがたくさんありますので参考にしてください。


飛行機の写真

航空機写真 T2ブルーインパルス 零式艦上戦闘機

航空自衛隊の基地・航空祭などで撮った写真。零戦は河口湖自動車博物館にて。

子供たちの部屋

3D-CG 写真館 ガンダムの絵 プラモデル

長男が自力HPを立ち上げたので削除しました!
→こちらです。Cyber Space


趣味の画像の部屋

Shade タチコマ 年賀CG
鍾馗 二式水戦 Me262 スツーカ

 ここはたいしたモノはありません。Shade を使って3D画像を作ったりしているので、お暇な方は覗いてみてください。
 Shadeで利用している文字やマーク、ロゴなどは基本的に Corel Draw でつくっています。それをビットマップ化してPhotoshop にて加工します。そしてShadeにテクスチャーとして貼り付けてレンダリングしています。

Shadeを始めたきっかけ

 「WWllの機体を3D化したい」だったので、当時「飛行機モデリングに最適」といわれていたShadeを購入(安かったのも理由だけど)。3Dといってもプラモデルのような原型があるわけではなく「線」を組み合わせて「面」を作っていくわけですが、やってみるとこれが冗談のように難しかったりします。Corelやイラレでスプラインには慣れていてもまるでペーパーモデルのようなモデリングは、イメージ通りに作り込むのが大変でした。最近やっと形になるようになったけど、今更ながらポリゴンモデラーにしておとけば良かったと思っていたりして。ポリゴンならイメージ的にはソリッドモデリングに近い感じ。ペーパーモデルでは折り目や皺に悩まされるけど、ソリッドなら木を削るような感じなので直感的に出来そう。マァでもせっかくShadeが多少使えるようになってきたのでこのままで行こうかと。

BI_p
BI 美工房 四季彩 Hobby 美工房 四季彩 Hobby